ルツ記2章 御翼のもとに逃れて来た者に報いてくださる主

があなたのしたことに報いてくださるように。あなたがその翼の下に身を避けようとして来たイスラエルの神、から、豊かな報いがあるように。」ルツ記2:12

助産師永原のちょっと一言
ミレーの落穂ひろいの絵画を思い出します。イスラエルでは貧しい人のために収穫物を全部取りつくさずに残しておくことが律法で決められていました。落穂を拾って暮らさないといけないほどの生活に、ナオミは自分が主の恵みからもれてしまったように思っていたでしょう。しかしそうではなかったのです。ボアズがルツに言ったように、御翼(主)の元に来た者を主は憐れんでくださらないはずはありません。「疲れたもの、重荷を負う者は だれでも私の元に来なさい。休ませてあげよう」と新約聖書のマタイによる福音書の11章28節に書かれていますが、重荷を取って、休ませて下さるばかりか、御翼の元で新しく生きる力、喜び、希望を与えてくださる主に心から感謝します。

聖書要約
ボアズの厚意
ナオミの夫エリメレクにはその土地の有力者ボアズと言う親戚がありました。
さてナオミとルツには畑もなく食べるもののありません。ルツはナオミに「落穂を拾わせてもらいます」と、言って出かけました。ルツが行った畑はボアズの所有する畑でした。ルツが落穂ひろいをしているとボアズがやってきて、農婦たちに「主があなたたちと共におられますように」と言うと、彼らも「主があなたを祝福してくださいますように」と言いました。ボアズは召使にあの女性は誰かと聞きました。召使は「ナオミと一緒に帰ってきたモアブの娘です」と答えました。ボアズはルツに近づき、自分の畑でずーっと落穂を拾いなさい。もし喉が渇いたら若い者に水を飲ませてもらいなさいと言いました。ボアズはルツが故郷や両親を置いて、悲惨な姑と一緒に生きることを選んだことや、イスラエルの主を信じてここに来たことを知っていました。そしてルツに「イスラエルの神、主がその御翼のもとに逃れてきたあなたに十分に報いてくださるように」と言ったのです。食事のときもボアズはルツに食事を与え、そして落穂が拾いやすいようにしておくように若者達に命じました。一日中働いて家に帰ったルツの大麦の多さを見てナオミはびっくりしました。いきさつを聞いたナオミは主に感謝しました。さらにルツはナオミからボアズが親戚であり、エリメレクの家を絶やさないようにする責任のある一人であるということ聞かされました。そして刈り入れが終わるまでボアズの畑で落穂を拾わせてもらうことが出来たのです。

前の記事

ルツ記1章 失意の帰郷

次の記事

ルツ記3章 ルツの求婚