ヨブ記9章 神とわたしとの仲裁者

「…あの方とわたしの間を調停してくれる者、仲裁する者がいるなら…」9:33

くぅ~ママのちょっと一言
友人ビルダドに対するヨブの答えですが、前半は友に対して人間の弱さを嘆き、後半は神に対して、自らの苦悩を訴えています。
そして最後にヨブは自らが神に相対することに恐れと空しさを感じ、誰かに神を自分の間を仲介してほしいと考えます。
新約聖書にはまさしく神と人間との間の仲介者が紹介されているのです。それはぶどう園の園丁とぶどうの木の例えとして私たちに示されました。神であるぶどう園の主人が実らないぶどうの木を切り倒そうと言うのを、仲介者であるイエスキリストがもう1年待ってください。私が世話をしますから、切り倒さないでほしいと頼んでくださるのです。私たちにはそのような神との関係を仲介してくださるイエスキリストがおられることを覚えたいと思います。

聖書要約
ヨブはビルダドの言葉に対して答えます。
「そんな事ぐらい分かっている。ところで神より正しいと主張できる人間はいるだろうか。神の知恵と力は底知れないのだから、神に対してたてをついてうまくいった者などいないだろう。神は山をも動かされる。大地を揺り動かされる。太陽を昇らせ、天体を掌られる。計り知れない不思議な業を成される。神が側を通られても気付かず。神が誰かの命を奪われても抗議できる者はいない。私の方が正しくても弁護する機会も与えられず、ただ憐れみを請うだけ。神は強いので、髪の毛1本ほどのことで私を悪人とされ、苦しみを与えられる。そして私が正しいと主張すれば、口で背いたことになってしまう。正しくても悪人にされる。もう自分が正しいのかどうかも分からなくなってしまった。生きていたくない。
結局神にとっては潔白な者も悪人も同じこと、どうせ滅ぼされる。私の人生は悲しみを載せて矢のように飛び去る。この状態を忘れて立ち直りたいと思っても、必ず私は有罪とされる。どんなにしても神は私を罪の中に突き落とされる。
しかしそれでも神に言いたい。これ以上神の刑罰に怯えないでもいいように仲保者を与えてください。私が遠慮なく潔白を主張できるようにしてください。