ヨブ記19章

主は生きておられる
「わたしは知っている わたしを購う方は生きておられ ついには塵の上に立たれるであろう」19:25

くぅ~ママのちょっと一言
闇また闇に心がさまようヨブに一筋の光が差しました。それが25節の言葉です。身の潔白が証明され、神を見ることができると確信した言葉です。心から神を拠り所して生きてきたヨブだからこそこの状況の中で到達しえた真実なのではないでしょうか。ヨブの苦痛もヨブを苦しめた闇も神がご支配しておられるのだということへの気づきなのです。確かに天上において神がサタンにヨブの身を打つことをお許しにならなければサタンはヨブに手を出すことはできなかったのですから。

聖書要約
ヨブが答えます。
「あなた方はいつまで私を苦しめ、言葉で言いくるめようとするのか。そんなに容赦なく人に悪口を浴びせかけて恥ずかしくないのか。私が過ちを起こしたという証拠はなにもない。
今言える事は神が私を倒して思いのままに苦しめられているということ。助けを求めても誰も相手にしてくれない。声を限りに叫んでも人間扱いしてもらえない。神は私の道をふさいで光を闇に変えた。私の栄光を剥ぎ取り、とことん打ちのめされた。神の送った軍は私を包囲している。神は私を兄弟、知人、親族、友、僕、妻、子から遠ざけられ、虐げられるようにされた。
憐れんでくれ。神の怒りに打たれた私の身にもなってくれ。
どうか私の言葉が岩に鉄のペンで書きとめられるように。「私を救う方は生きておられ、ついに地上に降り立たれる。この肉体が朽ちた後、私は新しい肉体で、神を仰ぎ見る。この時神は私の味方になってくださるはず。なんと素晴らしい希望だろうか。それだのにあなた方は私の刑が確定したかのように言う。あなたたちこそ神に罰せられることになることを忘れるな。