詩編36章

主の輝きに照らされて生きる
「命の泉は、あなたにあり、あなたの光に、わたしたちは光を見る」36:10

くぅ~ママのちょっと一言
私たちは自ら輝くことができるような者ではありません。ただ神が私たちに光を照らしてくださるなら、その光を受けて輝くことができるのでしょう。主なる神さまを信じるということは主に顔を向けて光を頂くということ。自ら輝こうとしなくていいのです。ただ主を見上げることで、主が照らしてくださるのですから。

聖書要約
罪は神に逆らう者の中の住み着き、悪事をせよとけしかけるのです。善を行うことはなく、常に悪事をはかります。
ああ主よ、あなたの揺るがない愛は天のように高く、あなたの真実は雲にまで達します。あなたの恵みは神の山のように不動で、あなたがなさる判断は満ち潮の海のように知恵に満ちています。主は獣にも人にもご配慮くださる方。あなたの御翼の陰に身を寄せた人々にあなたはしたたるほどの恵みを与え、喜びの泉の水を心ゆくまで飲ませてくださるのです。
主は命の泉。私たちは主の光を反映しているに過ぎません。(神を信じる思いは神から与えられ、我々の間で分かち合われる)そのような神を信じる我らに変わらぬ愛を注いでください。どうか神に逆らう高慢な者たちに追い立てられることがありませんように。悪事を働くものが二度と立ち上がれないようにしてください。