詩編101篇 家庭に招く人は


「欺きを行う者は 私のの中に住むことはなく 偽りを語る者は 私の目の前に 堅く立つことはありません。」詩篇101:7

助産師永原のちょっと一言
私たちを養い、大いなる力と愛を持って君臨される王なる主(前編)。その主に応答する者としてどのように生きていけばよいのかが歌われています。
「完全に主に従いたいけど、主の助けがないと出来ない」この言葉は真実な言葉だと思います。本当にその通りです。また家庭にあって御心にそって生きることが歌われており、そこが信仰の基本となる所だと改めて納得させられます。
主に応答するとは、自分の力でなにか大きなことをするというのではなく、私の家庭に主にある平和を築き上げること。それも主に従うことによって、主がそれを成し遂げてくださるということなのです。

聖書要約
主よ、あなたがどれほど恵み深く、公正なお方であるかをほめ歌いたいと思います。主に完全に従いたいと思うのですが、あなたの御助けなしにはできません。どうか私を助けて下さい。特に家庭にあって御心にそった生活をしたいと思っています。下品なこと、不正行為、自己中心、中傷、おごり高ぶりを許しません。
私は神を敬う人を家庭に招き、神に従う人を召使として雇います。うそをつく人を家に泊めるようなことはしません。朝ごとに神に逆らう者、悪を行う者を主の都から絶つことが私の勤めなのです。