Ⅰテサロニケの信徒への手紙1章 響き渡る信仰

「主の言葉があなたがたのところから出て…響きわたった…」1:8

くぅ~ママのちょっと一言
テサロニケは恵まれた地形を生かした港町として、商業貿易で栄えた町です。パウロはフィリピを後にしてこのテサロニケにやってきましたが、ユダヤ人の激しい迫害に遭い、宣教を中断せざるをえなかた町です。教会のその後を心配してパウロはテモテを派遣します。帰ってきたテモテからの報告から、テサロニケの信徒たちの素晴らしい信仰を耳にし、感謝と励ましの手紙を書き送ったものです。従ってこの手紙の筆者はパウロです。
パウロのテサロニケでの伝道は使徒言行録を見る限り、わずか3週間ほどだったようです。ユダヤ人に負われて逃亡するようにテサロニケを去ったのですが、短期間にも関わらず、かなりの数のギリシャ人たちが福音に触れ、その上、その後も信仰が守られていました。8節に「響き渡る」と書かれていますが、ギリシャ語ではエーケーオー、やまびこのエコーと言う言葉はここから由来しているそうです。主の言葉がテサロニケの人たちを通して響き渡ったのです。
聖霊という言葉が何度か出てきますが、聖霊が働かれる時、人の思いにまさることが起ります。まさにそのような伝道だったのではないでしょうか。聖霊が働いてくださることを祈りつつ大事なことに取り組みたいと思います。

聖書要約

パウロとシルワノとテモテから主に結ばれているテサロニケの教会へ。神とイエス・キリストの恵みと平安があなた方にあるように。
主に倣う者
わたしはあなた方のために欠かさず祈り、①あなた方の強い信仰②愛にあふれた労苦③イエスの再臨を希望をもって待ち望む姿勢に対して神に感謝しています。そしてあなた方は迫害の中にも関わらず、福音を自分のものとして受け入れました。これは聖霊の働きによるものです。さらにあなた方の信仰は周りの地方の人々の模範になっています。そしてわたしたちのことをも周りの人に言い広めてくれていることにも感謝します。それはわたしたちを歓迎してくれたことや、偶像を捨てて神を信じるようにいたったいきさつや、どのように再臨を待ち望むようになったかというようなことです。そしてあなた達の信じているイエスこそ、死に打ち勝ち、私たちを死から救ってくださる方なのです