ヨシュア記9章 主と戦う道と主にひれ伏す道

「ご覧ください。わたしたちは今はあなたの手の中にあります」9:25
くぅ~ママのちょっと一言
神さまが聖絶せよといわれたカナン人の中で殺されなかったギブオンのことが説明されているのです。エリコのラハブ一族もそうでした。しかもラハブはイエスの家系に名を連ねますし、このギブオンも神の近くで生きることが許されたのです。本当なら聖絶され、皆殺される人たちでした。またイスラエルは背反行為として罰せられたことでしょう。指導者達は主の指示を仰がなかったのですから。
しかしそのラハブとギブオンは主の民に加えられたのです。その理由はラハブもギブオンも主に対して自らを開け放して神を主と告白したことによるのだと考えられます。私たちも罪ゆえに裁かれて滅びる存在でした。その私たちが主と告白することで神の子とされ、神のご配慮の中で生きることを許されるものとなるのです。私たちは主と戦う道と主にひれ伏す道のどちらかを選ぶことが出来るのです
ギブオン人の服従
エリコ周辺の王たちは連合してイスラエルと戦おうとしました。しかしギブオンの住民ヒビ人はエリコやアイの出来事を聞いて、勝ち目がないと悟り、策略をもって生き延びようと考え賢く立ち回りました。彼らは遠くから来た使者を装い、イスラエルと協定を結んだのです。使者は古びた身なりで、古びたぶどう酒の皮袋や固くなったパンを持ってイスラエルの指導者をだましました。ヨシュアは主に指示を求めることなく彼らと協定を結んでしまったのです。戦いになった時、主に誓って協定を結んだ為にギブオンの人々を殺すわけにはいきません。指導者はギブオン住民を呼び集め「なぜ欺いたのか」と聞くと、ギブオンの人々は「私たちはあなたの手中にあります。どのようにでもしてくださって結構です」と答えました。ヨシュアは彼らを殺すことを禁じ、主の選ばれた所で芝刈りや「水汲みに従事させることとなり、それが今日まで続いています。