ヨブ記40章 全能者の御前にひれ伏すヨブ

「全能者と争う者よ、引き下がるのか」40:2

くぅ~ママのちょっと一言
ベヘモットとは象とか河馬のような獣、レビヤタンは恐竜、海竜、サタンの化身の竜などだそうです。主はヨブに「そのような獣と戦ったり、手なずけたりできるのか。また神のような力を持っているのかと」問いかけられます。「もう主張しません」と言うヨブに神はさらに追求されるのです。それはヨブに完全に主のみ前にひれ伏すことを要求されたのでしょう。同様にクリスチャンの信仰生活においても、主は完全に心を明け渡すことを要求されているのだと思います。また自分が寄って立つものにすがることを止め、全面的に主に委ねることを要求されているのだと思います。持っているものを全て手放さざるを得ないようなうち砕かれた状態で主のみ前にひれ伏す経験は、人間的には辛いことですが、もっとも主の御愛がわかる方法なのかもしれません。どんなに神に責められても、ヨブは神から言葉をもらえたことで大満足だったことでしょう。ヨブが問うていた答えはもらえていませんが、そんなことどうでもよくなっていたことと思います。絶対者なる主をはっきりと感じて、御前にひれ伏すことが、ヨブが一番求めていたことだったのではないでしょうか。

聖書要約
神はさらに続けました。
「全能者と口論するのか。それとも降参するのか。神を責め立てる者よ答えるがいい。」
ヨブは言いました。「私はあなたに反論できるような者ではありません。もう主張しません。」と。
神は再びヨブに尋ねられました。「さあヨブよ、しっかり答えなさい。自分の正しさを主張しようとして、神を罪人とまで言った。お前は神のような力、威厳、栄と輝きを持ち、思い上がった者を挫き、滅ぼすことが出来るのか。もし出来たならお前の説に同意しよう。
ベヘモットを見よ。お前を作った私はこの獣も作った。その大きさ、異様さ、力強さ、生殖力など神の傑作といえる。山々は最高の食べ物を差し出し、他の野獣もそれに従う。ヨルダン川が押し流そうとしても動じない。この野獣をだれも捕まえる事はできないだろう。お前はレビヤタンを鉤にかけて引き上げ、舌を縄で捕らえて屈服させることができるか。小鳥のように手なずけたり、やりやもりで傷つけたりすることができるか。戦うなどとは二度と言ってはいけない。」