使徒言行録1章 聖霊が働かれる時


「あなた方の上に聖霊が降ると、あなた方は力を受ける」1:8

くぅ~ママのちょっと一言
これを書いたのはルカの福音書を書いたルカである事は早くから認められています。ルカが書いたこの2つの文書で新約聖書全巻の4分の1にあたります。書かれた年代は諸説分かれますが、ローマ政府により反キリスト教政策が開始される前ということで考えると、60年代前半という説が有力になるそうです。だれに対して書かれたものかというと、ルカによる福音書と同様、テオフィロ閣下への文章です。テオフィロ閣下はおそらくローマ政府の比較的地位の高い人物であったとされています。このルートを用いて、ローマ政府が持っているキリスト教への偏見を正そうとして書かれたものであるといえます。
目的は4つ。一つ目は初代キリスト教の設立とキリスト教の世界的展開を叙述することによって歴史を貫いて働かれる生ける神の存在をあきらかにしようとしたこと。二つ目は初代教会とその人とたちがどのように聖霊に導かれて信仰を確立していったかについて。三つ目はキリスト教はユダヤ教徒は異なりローマ帝国に対しては中立な立場であることを強調したこと。四つ目はキリスト教信仰こそ全世界で宣べ伝えられるべき唯一のものであることを論証したこと。です。
使徒たちは聖霊を受けるのを待つようにイエスに命じられます。使徒たちは祈りの中で示されたことを整えながら、聖霊が働かれるのを待ちました。聖霊が働かれる時、わたしたちは力が与えられるのです。聖霊が働くことができる神の宮として、祈りにおいて霊性を整えながら、その時を待ちたいと思います。

聖書要約
グッドはしがき
テオウィロさま、前に差し上げた手紙ではイエスの生涯とその教えについて書きました。またイエスが使徒たちに聖霊によって指示を与えて、天に帰られたことはすでにご報告いたしました。
グッド約束の聖霊
イエスは十字架の死を遂げた後、40日にわたって使徒に現れ、復活と神の国のことを示しました。食事を共にされていたある時、イエスは「エルサレムを離れてはいけません。前に話しておいた父からの約束を待ちなさい。あなた方は聖霊によるバプテスマを受けるのです。」と言われました。
グッドイエス天に上げられる
使徒たちはイエスに「いつイスラエルを解放し、国を建て直してくださるのか」と尋ねると、イエスは「それは父がお決めになることです。あなた方には関係のないことです。しかしあなた方の上に聖霊が降ると、あなた方は力を受けます。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリア全土で、また地の果てに至るまで、わたしの証人となるのです。」と言われた後、天に昇っていかれました。使徒たちは天を見上げていたのですが、その側に白い服を着た二人が立っていて言いました。「天に昇って行かれたのと同じ姿で地上に帰って来られるのです」と。
グッドマティアの選出
使徒たちはイエスが天に昇られるということをオリーブ山で経験した後、エルサレムに戻ってきて、泊まっていた2階の部屋に集まり、祈っていました。ある時120人ほどの人が集まっている所でペテロが言いました。それは裏切ったユダのことです。ユダのことは(旧約)聖書で前から言われていることで、詩篇の言葉が成就したのだと。また詩篇に「その務めは、他の人が引き受けるがよい」と書かれており、主イエスと共に生活した使徒の中から選ぶことになりました。その結果マティリアが使徒に加えられました。