新約聖書は西暦50~100年にイエスの弟子たちや使徒パウロなどによって書かれました。原語はギリシャ語です。
「新約」とはイエス・キリストによって実現した新しい契約(福音)のことです。律法によって罪が明らかにされた私たちは、滅びるしかありません。しかし神さまはそのような私たちに救いの道を与えてくださいました。それがイエスさまの十字架の死と復活なのです。これが福音と言われるもので、イエスさまの誕生以降、新約時代に生きるわたしたちと神さまとの約束です。