出エジプト記11章 人と人との間に立たれる主

は、エジプトがこの民に好意を持つようにされた。」出エジプト11:3


助産師永原のちょっと一言

ファラオの心を頑なにされたのも、エジプト人がイスラエル人に好意を持つようにされるのも主のなさることなのです。私たちは人間関係の難しさを感じることがしばしばありますが、相手の人を直接見て、腹を立てたり、非難したり、落ち込んだりするのではなく、主を仰ぎ見ることによって心に平安を得ることができるのではないでしょうか。そして主がそうされたということは必ずそこには意味があるのでしょう。そのことが主に栄光を帰するためのことであると確信すれば、敵対するような相手に対しても憎む気持ちが軽くなると思うのです。

最後の災い
主はモーセに言われました。「わたしはもう一つの災いをファラオとエジプトに下す。その後、王はイスラエル人をこの国から追い出す。その時エジプト人の隣人から金銀や高価な飾り物を求めるがよい」と。主がエジプト人がイスラエル人に好意を示すように計らってくださるからだというのです。モーセもエジプト国民や王の役人からは尊敬を受けていたとのこと。
モーセはファラオに言いました。「真夜中に主がエジプトを通り過ぎられる。その時、王から奴隷または家畜にいたるまで、その長子は皆死ぬ。しかしイスラエルの民にはこの災いは免れ、エジプト人とイスラエル人ははっきりと区別される。その時、あなたは私たちに『出て行って下さい』とひれ伏して頼むでしょう。」と。それでも王は心をかたくなにして民を去らせようとはしませんでした。主がそうされたのです。