詩編32章 咎を数えられないものは

「いかに幸いなことでしょう。背きを赦され、罪を覆っていただいた者は。いかに幸いなことでしょう。主に咎を数えられず、心に欺きのない人は。」32:1

くぅ~ママのちょっと一言
詩篇の中の7つの悔い改めの中のひとつです。表題のマスキールはもともと「賢い」と言う意味で、教訓詩を示しています。罪が赦される事はなんという幸いなことでしょう。それには罪を告白することだと詩人は声を大にして言います。私たちも罪を告白し、イエスキリストの十字架の贖いを信じる信仰で罪が帳消しにされるばかりか、神の子とされるのです。なんという幸いなことでしょう。

聖書要約
罪を赦された人はどれほど幸いでしょう。罪の告白をすることによって、罪の記録を帳消しにしてもらった人はどれほど幸いなことでしょう。
かつての私は自分の罪を認めたくなかったのです。どんなにそのことで苦しんだでしょう。しかし主に罪を告白しようと決心して、そのようにしたときに、主は赦してくださり、私の罪を跡形もなく消し去ってくださったのです。私は主を信じる者たちに忠告します。「自分の罪に気付いたら主に告白しなさい」と。必ずそのような人は主に赦されます。どんなに人生に荒波が立とうとも、主の下に避難し、勝利の歌を歌うことができるのです。主は私を導いてくださいます。くつわをはめなければ言うことを聞かない馬やらばのようになってはいけません。主に逆らう者は悩み多い人生ですが、主に信頼する者は愛しみに囲まれます。主によって喜びなさい。