詩編31章 わたしの霊をあなたに委ねます。

「まことの神、主よ、御手にわたしの霊をゆだねます。わたしを購ってください」31:6

くぅ~ママのちょっと一言
敵ばかりか、親しい人たちにまで裏切られ心も体もずたずたになった詩人は、この身の嘆きと主への信頼を交互に詠み進めます。
「御手にわたしの霊を委ねます」というイエスの十字架上の言葉が入った詩篇として知られています。主が見捨てられたように思えるようなときにも、主は私の側にいてくださることを知って、心から主を褒め称えているのです。
祈っているのに、事態が好転しない。それは私の祈りを主が聞いてくださらないのではないのです。私の思い通りにならなくても主のご計画が遂行していくために私が用いられているなら、これほど素晴らしい事はないではないですか。

聖書要約
主よ、あなたはわたしの砦。あなただけが頼りなのです。どうか敵の手から助け出してください。まことの主よ、御手にわたしの霊を委ねます。主に信頼します。
主は私を敵の手に渡すことなく、安全な場所に移してくださいました。
私は苦しみ、嘆きのあまり体はずたずたで、力つきてしまいました。敵は言うに及ばず、隣人や友人にまで悪しざまにののしられます。デマや中傷が広がり、人々が私に対して陰謀をめぐらしています。
しかし私はあなたへの信頼を失わず「あなたこそわたしの神」と申し上げました。主は私をお救いくださいます。神に逆らう者こそ恥に落とし、陰府(よみ)に落とし黙らせてください。み恵は如何に豊かなことでしょう。あなたに身を寄せる者をあなたはかくまってくださいます。
主を称えよ。私が「神は私を見捨てられた」と言ったのは私の間違いでした。確かに主は私を救ってくださったのです。神の民よ、こぞって主を愛し、雄々しく立ち上がりなさい。