詩編34章 どのようなときにも主をたたえよ

「どのようなときに、わたしは主をたたえ、わたしの口は絶えることなく賛美を歌う。」34:2

くぅ~ママのちょっと一言
アルファベットの詩、若干不規則な部分もあるようです。苦しんでいる者の慰めの詩です。苦しみながらも詩人が主にとことん従う決意をしていることが詠まれています。主が恵を振り注いでくださることを経験することによって信仰の確信を得ることができます。無条件で救われる道が与えられることを見出した者は本当に幸いです。確かにそれは子達にも伝えたいことです。

聖書要約
どんなことが起ころうとも私は主を称え、讃美します。主の数々の恵を讃美します。失意の中にいる人々は気を取り直しなさい。そして共に主を讃美してみ名の栄光をとどろかせましょう。声の限り主を求めた時、主はそれに応えてくださり、救い出してくださるのです。
神に信頼する者の声を主はお聞きくださり、守り助けてくださいます。主を求めるものは良いものに欠けることはありません。
子どもたちよ、主を畏れなさい。喜びの人生、恵まれた人生を望むなら悪の言葉や行いを遠ざけ、平和を尋ね求めなさい。
主に従うものを主はお救いくださる。主に逆らう者は罪に定められます。しかし主の下に逃げ込む人は、無条件で赦されるのです。

前の記事

詩編33章