詩編58編 神はこの地を裁かれる

「神に従う人は必ず実を結ぶ。神はいます。神はこの地を裁かれる。」58:12

くぅ~ママのちょっと一言
詩人は不正を行う者を糾弾し、神が裁いてくださることを確信します。しかし現実はむしろ勧善懲悪の理論が成り立たない場合の方が多いのではないでしょうか。正直に生きる者が損をする世の中といっても言い過ぎではないような…しかし常に主の目が注がれていることを思って生きて行きたいのです。損をしてもいい、主の目に正しいことを行う人生でありたいと思います。

聖書要約
あなたたちが正義を行い、公平をわきまえていると言うのか。あなたたちは不正だらけではないか。このように神に逆らう者は生まれながらの罪人、毒蛇のように毒を口に含み、蛇使いの声にさえ、耳をふさぐコブラのようです。
神さま、どうか彼らの歯を抜き、ライオンの牙を折ってください。水のように影も形もなくしてください。なめくじのように溶け、日の光を知らない流産の子のようにしてください。神は彼らをあっという間に滅ぼされます。
神に従う者は正義が勝つのを見て喜びます。神に従う者は必ず実を結び、神は公平に裁いてくださるのです。
 

次の記事

詩編59編 砦の塔