エレミヤ書19章 元に戻すことができる内に


「陶工の作ったものは、一度砕いたなら元に戻すことはできない。」19:11

くぅ~ママのちょっと一言
ろくろの上の粘土は陶器師の手によって練り直されることが可能ですが、陶器となったものは割ると、もとには戻りません。そのように主は民への裁きが決定的であることをエレミヤは語りましたが、それでも民の心はかたくなでした。
人は本来自己中心ですから、都合の悪いこと、思い通りにならないことには心をかたくなにしてしまいがちです。しかしいつも柔軟な心を持ちたいと思います。そしていろんなことを吸収できる心、どんな時でも喜べる心を持ちたいと思います。そして主の言葉に常に耳を傾ける素直な心でいたいと思います。

聖書要約
グッド砕かれた壺
神はエレミヤにお語りになりました。陶器師の壺を買い、長老や祭司を伴ってベン・ヒノムの谷に行って、私の言葉を語りなさい。「万軍の主はこう言われる。私は災いをこの所にもたらす。」と。それを聞いて民は恐れおののく。それは彼らが主なる神である私を捨てて、ここを異教の地をしたからだ。他の神々に香をたき、罪のない子どもを偶像の神に捧げた。こんなことを私は命じなかったし、思いもしなかったことだ。だからこの谷は「殺戮の谷」と呼ばれる日が来る。侵入してくる敵にあなたたちを殺させる。死体は空の鳥の餌となる。敵の包囲で食糧がなくなりわが子の肉を食べるようになる。
また主はさらに語るように言われた「さてエレミヤよ。一緒に来た者の前で壺を割り、壺が粉々になったようにエルサレムの民も粉々にする。壺が元に戻らないように彼らも元に戻らない。死体がこの谷に山積みされる」それからそれと同じことをエルサレムでも語るように主は言われました。「エルサレムのすべての家を汚れたものとする。あなた他方が強情で私の言葉を聞こうとしなかったからだ」と。