詩編147編 主の偉大なる恵み


「主は天を雲で覆い、大地のために雨を備え、山々に草を芽生えさせる」147:8

くぅ~ママのちょっと一言
ハレルヤ歌集の第2歌です。主がイスラエルを再建されたことをたたえています。捕囚とはバビロン捕囚を指します。ペルシャのクロス王によってエルサレムに帰還するのですが、誰がそのようなことが起こると想像したでしょう。これが主のみ業に他ならないとことは帰還を果たしたイスラエルの民が一番感じたことでしょう。野獣やカラスに食べ物を与え、暖かい春をもたらせて下さる主を褒め称えましょう。主は主を畏れる者に恵みを与えてくださるのです。

聖書要約
ハレルヤ!主を褒め称えましょう。主を賛美することはいかに喜ばしく、美しく、快いことでしょう。主はエルサレムの町を再建し、捕囚の民として連れ去られた人々を返してくださり、傷ついた心に回復を与えてくださいました。主は星の数を数え、その一つ一つを名前で呼んでくださいます。主は偉大な方、その英知は測り知れません。主は謙遜な人を支えられますが、主に逆らう者を倒されます。竪琴の音に合わせて賛美しましょう。主は夕立を降らせ、青草を生えさせ、野の獣を養われます。カラスが鳴けば食べ物をお与えになります。どんなに勇ましい馬より、どんなに足の速い者より、主を畏れる者を御喜びになられます。エルサレムよ、主を褒め称えなさい。主は城門を堅固にし、守りを固め、我々のこどもを祝福されたのです。主は平和を与え、最良の小麦で倉を満たしてくださいます。主のご命令は全世界に行き渡ります。主は雪や霜、雹を地面に投げつけられますが、神が春を呼ぶと暖かい風が吹き始めるのです。主はイスラエルにだけ掟と裁きを与えられました。ハレルヤ、主をたためましょう。

次の記事

詩編148編 主を賛美せよ