創世記17章 全き者になりなさい

「「わたしは全能のである。あなたはわたしの前に歩み、全き者であれ。」創世記17:1

助産師永原のちょっと一言
信仰によって義と認められたアブラムでしたが、この章で神は「全能者の神に従って歩み、全き者となりなさい」と神に従って生きるようにと言われます。そしてアブラムではなくアブラハムと名乗るように言われます。これは多くの国民の父とするからと。またサライもサラと名乗るように言われます。そして多くの国々の母となると言われました。その日のうちに男子はすべて割礼を実行しました。そんなアブラハムですが「サラが子どもを産む」という神の言葉を理解できませんでした。
全き者になることは本当に難しいことです。アブラハムのように理解できなかったり、時には違う方向に進んでしまうこともある私たちです。だからこそ神に従うという気持ちを持つ続けて生きることが必要なのだと思います。そして実行に移すことが神に対する忠実な生き方なのでしょう。

聖書要約
割礼と契約

アブラムが99歳の時、主はアブラムに現れて次のように言われました。
①私は全能の神である ②あなたは私に従って歩み全き者となりなさい ③私はあなたと契約を立て、益々増やす。④あなたは大いなる国民の父となり、あなたから王となる者がでる。だからこれからはアブラハム(大いなる国民の父の意)と名乗りなさい ⑤契約は何世代にもわたって続き、カナンの土地を永遠にあなたと子孫に与える。
わたしとアブラハムとの間で守る契約はこれです。男子は皆割礼、すなわち生まれて8日目に性器の包皮を切りなさい。あなたの直系の男子はもちろん、あなたの家で生まれた奴隷も、外国人の奴隷も皆割礼を施しなさい。
 さらに神はサライに対してもサライからサラ(王女の意)にするように、そしてサラが男の子を産み、国々の母となると告げられます。これを聞いてアブラムはひれ伏して神に礼拝したのですが、とても信じることができませんでした。100歳と90歳の私たちにこどもがどうして産めるだろうかと、心の中で笑っていました。そしてイシュマエルによって子孫が増えるというならわかると考えたのでした。しかし神はサラとアブラハムの子が生まれると言われます。また神は「子の名前をイサク(彼は笑うの意)としなさい。そしてその子の子孫のために永遠の契約とする」と言われたのでした。また神はイシュマエルも祝福し12の王が彼から出ることを約束してくださったのです。アブラハムはその日イシュマエルをはじめ、家の男子皆に割礼を施しました。アブラハムも99歳で割礼を受けたのでした。