創世記39章 主が共におられたので

「それは、が彼とともにおられ、彼が何をしても、がそれを成功させてくださったからである。」創世記39:23

助産師永原のちょっと一言

エジプトに売られたヨセフはエジプトの役人の家の奴隷となります。その働きぶりを主人に認めてもらい、家の管理を任されるほどになるのですが、冤罪をかけられ、投獄されます。しかしその牢の中でも神がヨセフと共におられたのです。この章の中に4回「主(神)が共におられたので」という言葉が出てきます。
神が共におられるという事はなんという幸いでしょう。
自分が今どのような状況に置かれていたとしても、たいした問題ではないのです。相当大変な事態であってもです。最も大切な事は、神が共にいてくださるかどうかということなのです。 詩篇23編の4節を思い出します
「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。」

聖書要約
ヨセフとポティファルの妻
ヨセフはイシュマエル人にエジプトに連れられて来られ、エジプトのファラオ王に仕える役人のポティファルの奴隷となりました。主がヨセフと共におられたので、何をしてもうまくいきました。ヨセフは主人のポティファルに家の管理を任されるようになりました。そのおかげでポティファルの家も主の祝福を預かることができ何事もうまくいきました。
ヨセフはたいそう容姿も美しく、ポティファルの妻が執拗に誘惑してくるようになりました。ヨセフは主人への忠誠と、神に対して罪を犯す事はできないと拒み続けます。

ある日妻が思いを遂げようとヨセフの服をつかみましたが。ヨセフはそれを振り切って逃げます。その時上着が脱げてしまったのです。逆上した妻は大声を出して、ヨセフの上着を証拠にヨセフに冤罪をかけたのでした。夫にも「あなたが連れてきた奴隷が私に悪いことをしようとした」と告げ口をします。ポティファルは怒って、ヨセフを王の牢屋に入れてしまいました。
 しかし神がヨセフを共におられたので看守に気に入られ、牢内の管理をヨセフに任せるようになります。神がヨセフと共におられたので、何をしてもうまくいったのです。