出エジプト記5章 窮地からの祈り

「それでモーセのもとに戻り、そして言った。」出エジプト5:22

助産師永原のちょっと一言
ようやくモーセは主の言葉をもって王に会いに行きました。ところが事態は前よりも悪くなり、同胞からも抗議を受ける始末です。どんなにモーセは心細かったでしょう。
祈って、思い切って一歩を踏み出した時、良い結果が得られたら喜びと感謝ですが、その逆の結果であったとしたら、途方に暮れてしまいます。主に沈黙されることほど辛い事はありません。しかし主は私たちを無視される方ではありません。必ず祈りに答えてくださいますし、孤独を感じている私の傍らに主は伴ってくださっていることを信じたいと思います。

聖書要約
ファラオとの交渉
モーセとアロンは主に命じられた通り、ファラオの前に行って、「私たちの神、主が民を去らせて、荒野でわたしのために犠牲を奉げなさいと言われている」と、言いました。それを聞いたファラオは「神など知らないし、イスラエルを去らせはしない。イスラエル人たちに労働を止めさせるわけにはいかない」というのです。さらにファラオは今まで支給していた藁(わら)を自分たちで調達した上で、今までと同じ数のレンガを作るように命じます。命令を受けた労働を監督する者はイスラエルの下役に命じました。しかしそれは到底無理なことでした。しかしそれが出来なかったら鞭打たれます。この不当な労働強化に対して、下役達は王に直訴に行きました。しかし、王は「お前達は怠け者だから、主に犠牲を奉げに行かせてくれなどと言うのだ」と取り合いません。窮地に立たされていることを知ったイスラエルの下役達は、モーセとアロンに「王にひどい仕打ちを受けることになったのも、お前達のせいだ。二人とも神の裁きを受けるがいい」と抗議します。モーセは主に「あなたに従って、王のもとに行ってあなたの言葉を伝えたのに、逆に状況は悪くなったではないですか。それなのにあなたはあなたの民を救い出そうとはなさいません」と訴えました。