出エジプト記8章 主のお命じになった通り

「 私たちは、主が私たちに言われたとおり、荒野へ三日の道のりを行って、私たちの神、にいけにえを献げなければなりません。」」出エジプト8:27

助産師永原のちょと一言
蛙の災い、ぶよの災い、そしてあぶの災いと続きました。
あぶの災いにはさすがに王は困り果てたのか、犠牲の奉げものを奉げることを許します。ただし国内でということでした。しかし牛や羊の像を造り、神として礼拝する習慣のあるエジプトで牛や羊を丸ごと焼いて犠牲を奉げるなどとは到底無理なことでした。ファラオの案には妥協する事はできなかったのです。もし妥協したとしたら、民はエジプトから出る事は出来ず、神の約束の地に入る事はで来ませんでした。妥協案につい心を緩ませてしまうことがありますが、信仰にしっかり立ち続けたいと思います。

聖書要約
主はモーセに「アロンに杖を取って、国中の河川や水路、池に手を伸ばしなしなさい」と命じるように言われました。そのようにすると蛙が水から這い上がってきて国中を襲いました。魔術師も秘術を用いて同じことをしました。ファラオはモーセとアロンに「蛙を何とかしてくれたらイスラエルの民を去らせよう」と言いました。モーセは「あなたのお望みのとおりにしましょう。あなたは我々の神、主のような神が他にいないことを知るでしょう」と言い、ファラオのもとから出てくると主に訴えました。主はモーセの願いどおりにされました。しかし生活を脅かした蛙が死に絶えると、ファラオは心を頑なにして、民をされせてはくれません。
ぶよの災い
主はモーセ「アロンに杖を差し伸べて土のちりを打ち、ぶよにさせなさい」と命じるように言われました。そのように行うと、ぶよが全土に広がりました。魔術師はそれをすることが出来ず、これは神の働きであるとファラオに進言しましたが、ファラオは心を頑なにしてモーセに言うことを聞こうはしません。
あぶの災い
次は主はあぶの大群をエジプトに送られました。しかし主はイスラエルが住むゴシェンは区別され、あぶが入りこまないようにされました。。ファラオはついにこう言います。「エジプト国内で奉げものを奉げても良い」と。しかしモーセは「奉げものを奉げる事はエジプト人が嫌がることなので、エジプトの国民がイスラエル人を殺すでしょう」と、王の提案を拒否します。そこで王は「では荒野に出て行ってもいいが、遠くに行かないように」と言います。モーセは退出して主に願ったので、あぶは1匹もいなくなりました。しかしまたもやファラオは心を頑なにして、民が去ることを許しませんでした。