民数記32章 心を一つにする

「どうして、イスラエルの子らの意気をくじいて、が与えてくださった地へ渡らせないようにするのか。」民数記32:7

助産師永原のちょっと一言
約束の地を征服していく戦いは聖戦であり、主が共におられて不思議な方法で、この先、町々がイスラエルの手に落ちていくのです。その戦いを前にして足並みが乱れたかのように思われる出来事でした。しかしルベン族とガド族はこの戦いには先頭を切って出陣する意志のある事を表明したのです。
主の聖なる働きが遂行されようとしているときに私たちは足並みを揃えてそれに参加して、その結果をともに喜び合いたいと思うのです。それには主なる働きであるかどうかを見極めなければなりません。それはそのことが聖書的であるかどうか、また祈りの中で平安があたえられるかは重要な目安になると思います。聖書的とは神と人とへの愛に基づいているかどうかを目安にするとわかりやすいように思います。

聖書要約
ルベン族とガド族の土地
ルベン族とガド族は沢山の家畜を持っていたため、家畜を飼うのに適したヨルダンの東側に留まりたいとモーセに申し出ました。モーセはかつて約束の時に偵察に行った斥候の報告がイスラエルの民の士気をくじいて主の怒りを招いたように、約束の地を目のまえにしてルベンとガドのこの申し出は民の士気をくじくばかりか神の怒りを招くことのなると言います。しかしルベンとガドは妻子や家畜をヨルダンの東側で城壁の中で安全に暮らせるようにして、武装できる者は約束の地の征服のために戦うことを誓いました。こうしてその土地は彼らに与えられることになりました。このようにしてルベンとガド、そしてマナセの半部族はヨルダン川の東に町を建てることになったのです。