ヨシュア記1章 雄々しくあれ


「わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。強くあれ。雄々しくあれ。」ヨシュア記1:5,6

助産師永原のちょっと一言
ヨシュア記の構成は1部がヨシュアに対する神の指示と約束。2部がカナン征服。3部が征服した土地の分配。4部が結論と歴史的記述となっています。ヨシュアとは「ヤハウェ(神)は救い」という意味でギリシャ語ではイエスとなります。ヨシュアはヘブル語なのです。ヨシュア記のメッセージはイスラエルの繁栄は常に神に対して信頼して従うことにあり、具体的には律法の遵守によってもたらされることを読者に伝えることです。
モーセが指導した荒野も困難の連続の40年間でしたが、カナン征服も民にとって先が読めない不安の中にいたと思います。彼らが渡るヨルダン川の前に立ったヨシュアはどんなに心細かったことでしょう。しかしヨシュアは強く雄々しくリーダーシップを発揮しました。ヨシュアを支えたものはただ主の約束への信頼だったのです。

聖書要約
モーセの後継者ヨシュア
モーセの死後主はヨシュアに「わたしが与えようとしている土地に行きなさい」と言われました。荒野からレバノン山を超え、ユーフラテス川、そして太陽の沈む大海まであなたがたに与えようと主は言われたのです。そして主は①あなたの前に立ちはだかる者はない。②主が共におられること。③あなたを見離したり見捨てたりしないと約束されました。また主は①強く雄々しくあること。②律法を忠実に守ること。③右にも左にもそれず主にしたがうようにと命じられ、そうすればあなた方は行く先々で栄え、成功すると主は言われました。
神の言葉をいただいたヨシュアは民の役人達に命じました。「3日のうちにヨルダン川を渡って土地に攻め入るので準備するように。またモーセが存命中にヨルダンの東の土地を既に分配されていたルベン、ガド、マナセの半部族には主が与えてくださった安住の地に妻子を残して、勇士は同胞達に先立って進みなさい」と。彼らは、モーセに従ったようにヨシュアに従いますと答えました。