ヨシュア記3章 信仰の第一歩

「一つの堰が、はるかかなた、ツァレタンのそばにある町アダムで立ち上がり、アラバの海、すなわち塩の海へ流れ下る水は完全にせき止められて、民はエリコに面したところを渡った。」ヨシュア記3:16

助産師永原のちょっと一言
モーセが民を率いて紅海を渡った時を思い起こさせるシーンです。主の言葉通り、主がヨシュアと共におられることが示されたのです。ところでこのよう自然現象は実際に起りうるのだそうです。アラブの歴史家によれば、1267年12月7日に数十時間。また1906年、1927年にも起ったとのことです。ただヨシュアが川を渡ろうとした時に水がダムのようにせき止められたことを偶然の自然現象と見るか、主のみ業と見るかは人それぞれの信仰によるのだと思います。主を信じる者からすると自然を支配されている神には出来ない事はないので、このようなことが起ったと聞いて、確かに驚きますが、主が成されたことと受け止めることが出来ます。そのように素直に聖書の言葉を信じることも大切なことと思いますが、そのことよりもさらに大切なことは神の言葉を聞いて足を一歩ヨルダン川に踏み入れることだと思うのです。水が岸まであふれんばかりに増え、しかも激流の川に、すべての民が身を清め、身支度して、足を踏み入れたことがまさに主への信頼であり、信仰なくしては出来ないことだと思います。そしてその一歩がなければ主の奇跡を見ることができなかったのです。私たちも主から示されたことを勇気をもって1歩踏み出す信仰を持とうではないですか。

聖書要約
ヨルダン川を渡る
ヨシュアは滞在していたシティムを出発して、ヨルダン川の岸について3日野営しました。目指すカナンの地を川の向こうにして主はヨシュアに「わたしがモーセと共にいたように、あなたと共にいることを全イスラエルの民に知らせる。ヨルダン川を渡るに際して、神の箱(十戒が記された2枚の板が入っていた)を担いで祭司がヨルダン川をまず入り、その後に続くように。神の箱との間を約900mとり、それ以上近づいてはいけない」と言われました。ヨルダン川は春の借り入れの時期で、岸いっぱいに水をたたえ、激流でした。ところが祭司が足を水に入れたその時、水はダムのようにせき止められ、川底が現れたのです。祭司は川の真ん中ほどに立ち待っていている間に民が全員渡り終えたのです。