ヨシュア記5章 マナが絶えるとき

「彼らが土地の産物を食べ始めたその日以来、マナは絶え、イスラエルの人々に、もはやマナはなくなった。」5:12

くぅ~ママのちょっと一言
短い章ですが、心打たれる箇所が3箇所もあります。一つは聖なる戦いの前に割礼を施したと言う箇所です。割礼とは包皮(陰茎の皮膚)の先を火打石で作った小刀で切り落とし、主の民である事を証するものでした。新約に生きる私たちは実際、割礼をする必要はありません。しかし心の割礼と言う言葉が聖書の中にも出てきますが、かたくなな心を主に明け渡し、「私は主のものです」と言い表す事は私たちの信仰生活の中で大切なことだと思います。
二つめは40年間荒野で降りつついたマナは土地の産物を食べることが出来るようになったその日から降ることはありませんでした。主は私たちの必要をご存知で、必要なものを必要な時に備えてくださるのです。不思議なことですが、私の人生においてもそのとおりの経験をしました。
三つめは「あなたの立っている場所は聖なる所、履物を脱げ」と言うところです。モーセもホレブの山で同じ経験をしました。今日私が立っている場所に対してもそのように言われている主のみ声を聞きたいと思うのです。聖なるものを聖なるものとすることに心を砕きたいと思います。

聖書要約
契約のしるし
ヨルダン川の西にいるアモリ人と、沿岸地方にいるイスラエル人の王たちは皆、神がヨルダン川の水を干上がらせて、イスラエルの民を渡らせたことを知って、意気消沈して戦う気力も失せてしまいました。
その時、主はヨシュアにイスラエルの民に割礼を施すようにお命じになりました。今カナンに入ろうとしているイスラエルの民は全員荒野で生まれた者達で、割礼をしていませんでした。エジプトを出たときに兵役につける成人男子は割礼をしていましたが、その者たちは皆荒野で死んでしまいました。主に対して罪を犯したので、主がカナンの地に入ることを許されなかったのです。民は全員、割礼を受けた傷が癒えるまでそこに留まりました。主はヨシュアに「今日わたしは、あなたたちから、エジプトで奴隷のように扱われた恥辱を取り除いた」と言われ、その場所をギルガル(転がすの意)と呼ばれました。
その月の14日の夕方から民は過越祭を祝い、その翌日土地の産物で酵母を入れないパンを作って食べました。土地の産物を食べたその日以来マナは降る事はありませんでした。
ヨシュアがエリコのそばにいた時、抜き身の剣を持った一人の男がこちらに向かって立っているのが見えました。ヨシュアが「敵か、味方か」と問うと、男は「主の将軍だ。今着いたところだ」と言ったので、ヨシュアはひれ伏します。将軍は「履物を脱げ、あなたの立っている場所は聖なる所である」と言ったので、ヨシュアはそのとおりにしました。