士師記12章 内紛

「こうしてそのとき、四万二千人のエフライム人が倒れた。」士師記12:6

助産師永原のちょっと一言
ヨセフ族にはエフライム族とマナセ族がありますが、そのエフライムがギレアドをバカにしました。ギレアド人はヨセフ族を逃げ出した者たちであり、本来、ギレアド人たちはエフライムやマナセの中でおとなしくしていればいいのに生意気だというわけです。それを聞いてエフタは怒ったのです。またヨルダン川の渡し場でエフライム人を捕らえるのに、エフライム人は「穂」と意味する「シイボレト」を「シボレト」と発音することで見分けたのです。もともと同胞であり、どちらもヨセフの子孫なのに悲しいことです。
人間の虚栄心はするどい剣のようです。自分を優位にする為に人の心をずたずたに踏みにじみます「夕方5時からしか1時間しか働けなかった人にも、朝から働いた人と同じ賃金を払ってやりたい」とおっしゃる神さまの愛と赦しの天国が、この地でも実現するように願わずにはおれません。そして5時からしか働けなかったような私をも主はあふれんばかりの愛を注いでくださるのですから、もっと謙遜になって、主の愛に応えて生きていかなければならないと思います。

聖書要約
エフライム族がツァフォンに兵を集めてエフタに言いました。「アンモン人と戦う時なぜ、マナセには声をかけてエフライムには頼まなかったのか。お前を家もろとも焼き払ってやる」と。エフタは「以前エフライムに助けを求めた時に助けてくれなかったから、当てにせず、命がけで戦ったのではありませんか。主が味方してくださったので勝利したのです」と言いました。エフライムはエフタが属するギレアドのことをバカにしたので、エフタは兵を集めてエフライムを攻撃しました。エフタはヨルダン川を手中に収めて、そこに逃げてくるエフライム人を言葉のなまりで見分けてことごとく殺害したのです。
エフタは6年間イスラエルで士師として働きましたが世を去り、ギレアドの町に葬られました。
イブツァン
ベツレヘム出身、7年間士師としてイスラエルを裁きました。
エロン
ゼブルン人、10年間士師としてイスラエルを裁きました。
アブドン
ヒルアトン人、8年間士師としてイスラエルを裁きました。