サムエル記第一3章 サムエルの祈り

お話しください。しもべは聞いております」サムエル記第一3:10

助産師永原のちょっと一言
少年サムエルの祈りの聖画を思い出す章です。「主よお語りください。僕(しもべ)は聞いております」と祈るサムエルに主は言葉を託されたので、サムエルは民の間で預言者として活躍することになります。サムエルの祈りは主に願うことを私たち側から発信する祈りではなく、主の言葉を聞こうとする受身の祈りであることに気がつきます。私も主への讃美、主への感謝、そして願い、執り成しの祈りと共に、「主よ、お話ください」心を静めて御心を聞き取る祈りがしたいと思います。

聖書要約
サムエルへの主の呼びかけ
少年サムエルは神殿で神に仕えていました。ある夜サムエルが眠りについていると、「サムエル、サムエル」と呼ぶ声がします。サムエルはエリ先生のところに行き、「何か御用ですか」と聞くとエリは「呼んでいない、戻ってお休み」と言いました。再びサムエルは「サムエル、サムエル」の声を聞きます。しかしエリの対応は同様です。3度目に同じことが起った時にエリはサムエルにこう指導したのです。今度呼びかけられたら「主よ、お話ください。僕は聞いております」と答えなさいと。そして4度目の呼びかけにサムエルはエリから教えられたように「どうぞお話ください。僕はきいております」と言いました。そこで主はサムエルに語られたのです。それはエリ一族が主から裁かれるという預言でした。翌朝エリに主が告げられたことを聞かれ、サムエルはその通りを話しました。エリは「神の最善がなるように」と答えました。エリ一族の衰退とは逆にサムエルには常に神が共にいて下さり、サムエルが預言した事はことごとく実現しました。このようにしてイスラエル全土にサムエルが預言者になったことが知れ渡りました。