サムエル記第一4章 栄光は失われた

「彼女は、「栄光がイスラエルから去った」と言って、その子をイ・カボデと名づけた。」サムエル記第一4:21

助産師永原のちょっと一言
神の箱を持って来てもイスラエルは戦いに勝つ事は出来ませんでした。これは祭司制度の腐敗に対する神の裁きでした。サムエルに主が予言された通りのことが起こったのです。ホフニとピネハスも戦死し、神の箱が奪われたと聞いてエリは死んでしまいます。そしてその時生まれた子どもに付けたイカボドという名前は、「イ」は否定を表し「カボド」は神の栄光をということなので、神の栄光は失われたという意味です。「人が主に罪を犯したらだれが執り成してくれよう」と2章でエリが言った言葉を思い出します。私たちも神に関することをおろそかにすることがないようにしたいと思います。

聖書要約
神の箱、奪われる
当時イスラエルはペリシテを戦っていたのですが、イスラエル軍が4千人の戦死者を出し、大敗したときのことです。イスラエルの長老達は大敗したのは主がそのようにされたからと考え、シロから神の箱を戦場に運んでくることにしました。エリの息子のホフニとピネハスも一緒についてきました。神の箱が陣営につくとイスラエルの民は大歓声を上げました。それを聞いたペリシテ人たちは「荒野でエジプトを撃たれた神が今またイスラエルに味方されたら自分は負けて奴隷にされてしまう」と思い、総力を挙げて戦いました。その結果イスラエルは大打撃を受け3万人のものが倒れました。その上神の箱まで奪われて、ホフニとピネハスも死にました。シロにいるエリのところに戦場から逃げ延びてきた兵士がことの次第を伝えたのですが、神の箱が奪われたと聞いてエリは彼の席から仰向けに落ちて首の骨を折って死んでしまいました。エリの嫁であるピネハスの妻は産気づいて子を産んだのですが、神の箱が奪われ、しゅうとも夫も死に、主の栄光は去ったと考えて、子どもの名前をイカボト(栄光は失われた)と名付けました。