サムエル記第一24章 悪意に対して善で応える

「私がに逆らって、に油注がれた方、私の主君に対して、そのようなことをして手を下すなど、絶対にあり得ないことだ。」サムエル記第一24:6

助産師永原のちょっと一言
自分の命を奪おうとしているものを殺すチャンスであったにも関わらず、ダビデはそれをしませんでした。なぜならサウルが主から油注がれた者であるからです。思えば私たちは全て主から愛されている一人ひとりです。自分と意見の合わない人も、迷惑をかけてくる人も、うそをついて陥れようとするような人も主が愛されている一人なのです。サウルの悪意に対してダビデが愛を示したのは、サウルは主が愛し大切にしておられる者だからでした。私たちもダビデのように、どのような人に対しても、愛を込めて応答できる者になりたいと思います。

聖書要約
エン・ゲディにおけるダビデとサウル
ペリシテを討って帰還したサウルに、ダビデがエン・ゲディにいると伝える者がおり、サウルは3000の兵士を率いて出陣しました。羊の囲い場あたりに差し掛かったときサウルは用を足す為に洞窟に入ったのですが、その洞窟の奥にダビデとその兵士たちがいたのです。兵士はダビデに「主がサウルをあなたの手に渡されたのです」と殺害することを勧めましたが、ダビデは背中を向けているサウルに近寄ったものの、サウルの上着の端を切り取っただけで命を奪う事はしませんでした。それどころか上着の裾を切ったことも、「私の主君であり、主が油注がれた方にこのようなことをしてはいけない」と大変後悔して、兵士たちにそれ以上サウルに手出しさせる事はさせませんでした。サウルが洞窟を出た後、ダビデも洞窟から出て、サウルに呼びかけました。そして自分がサウルに対して殺意がないことを、先ほどの切れ端を持って話したのです。また二人の事は神が裁いてくださるので、取るに足らない自分のような者を追いかけて時間を無駄にするようなことがないようにとサウルに言いました。サウルはそれを聞いて、自分の命を奪わなかったダビデを主が報いてくださることと、ダビデが王になること、そしてその時には自分の子孫を絶つことがないようにとの言葉を返したのでした。ダビデはサウルに誓い、二人は分かれました。