歴代誌上8章 子の名前に見るサウルの信仰


「…サウルにはヨナタン、マルキ、シュア、アビナダブ、エスバアルが生まれた。」8:33

くぅ~ママのちょっと一言
イスラエルの初代の王であるサウルの系図が書かれています。サムエル記上9章に「ベニヤミン族に一人の男がいた。名をキシュといい、家系をさかのぼると…勇敢な男であった。彼には名をサウルという息子があった。美しい若者で、彼の美しさに及ぶ者はイスラエルにはだれもいなかった。民のだれよりも肩から上の分だけ背が高かった」と書かれていますが、その遡っての系図とまたサウルの子孫の系図が書かれています。中でもサウルの子どもたちの名前の意味が興味深いのです。ヨナタンは「主なる神の賜物」マルキ・シュア「我が主なる王は救い」アビナダブ「我が父は高貴」エシュバアル「バアルはいます」なのだそうです。サウルは素晴らしい容姿であったことが書かれていますが、それよりも長男と次男につけた名前のように主への信仰の厚きサウルであったことが分かります。しかし3男からは主に栄光を帰すのではなく、自分への賞賛に変わっています。4男に至っては異教の神バアルを讃美する名前になっているのです。主から見離されてからのサウルは悲惨な生涯を終えます。厚き信仰を保ち続けることの如何に難しいことかと思います。

聖書要約
ベニヤミンの子孫-もう一つのリスト
ベニヤミン族の系図の内、ベニアミンから孫までの名前が挙げられています。
エフド(ベニヤミンとの関係は不明とのこと)はゲラからマナハトに移住しました。
シュハライムの家系の家長が列挙されています。エルサレムに住んでいたとのこと。
ギブオンとエルサレムに住んだベニヤミン族がおり、ネルの子はキシュ。キシュの子がサウルです。サウルの系図はヨナタン、メフィボシェテ、ミカ、アハズ、エホアダ、ジムリ、モツァ、ビヌア、アツェル。アツェルの兄弟エシュクのこどもがウラムで、ウラムには150人の子供と孫がました。