歴代誌上14章 主が働かれる側に身を置くこと


「ティルスの王ヒラムは、ダビデのもとに使節を派遣し、王宮建設のためにレバノン杉、石工、大工を送ってきた」14:1

くぅ~ママのちょっと一言
ダビデの名声を高められたのは主であったと書かれています。そのことを賞賛して友好関係を築こうと贈り物を携えてきた国があったかと思えば、ペリシテの国のようにダビデの台頭を良く思わない国もあったのです。
人の活躍に対して拍手を持って喜ぶ気持ちもあれば、嫉妬や脅威の気持ちが頭をもたげることもあるのが人間だと思います。しかし気をつけなければならないのは主が働かれている時に主に反対する側に回ってはいけないということです。主の働きであるかどうかの見極めは難しいとは思いますが、一つの方法は得られる「実」を見ることではないかと思います。新約聖書のガラテヤの信徒への手紙5:22には「み霊の結ぶ実はは愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」とあります。このような実を結んでいれば主の働きと言えると思います。主が働かれる側で喜んでその働きに参与したいと思います。

聖書要約
ダビデ王の勢力増大
 ティルスの王ヒラムはダビデ王の王宮建設のためにレバノン杉や大工、石工などの贈り物を携えた使節を遣わしました。ダビデは主がイスラエルの王として揺るぎない者にして下さったことを知りました。また主の民のために彼の王権を非常に高められたことを悟ったのです。
ダビデはエルサレムでも妻をめとり、さらに子供が与えられました。
 一方ダビデが王となったことを聞いたペリシテ人は戦いを仕掛けてきました。ダビデが主に攻め上るべきかどうか託宣を求めると主は「攻め上れ。あなたの手に渡す」とのこと。ダビデがその通りにした結果、ダビデは勝利を得ます。ペリシテは自分の偶像の神々を捨てて逃げ去ったのです。ダビデはそれらのものを火で焼かせました。ところが再びペリシテ人が攻めてきました。ダビデが託宣を求めると主は「彼らを避けて回りこめ。主が先んじて出陣される」とのことでした。ダビデは命じられたとおりに行動し、ペリシテ陣営を打ち滅ぼしたのです。このようにしてダビデの名声は全ての国々に及びました。主は諸国の民が皆がダビデを恐れるようにされたのです。