歴代誌上16章 感謝をささげずにはおれない


「ダビデはその日その時、初めてアサフとその兄弟たちに、主に感謝をささげる務めを託した」16:7

くぅ~ママのちょっと一言
8節からの感謝の詩は詩篇から採用されたものです。詩篇が元来のもので歴代誌の史家が利用したと考えられています。任命を受けた者がこの感謝の詩を常に献げたのでしょう。
私たちも毎日祈ります。まず主に今日守られていることへの感謝や、これまで主から頂いた恵を思い起こして感謝を祈ります。そのような感謝を想起するにつけ主のみ名を称えずにはおれないのです。また、今の状態のいかんに関わらず勇気と希望と主の導きを確信しながら祈ります。主は祈りに応えてくださり必ず最善に導いてくださいますから、私たちは讃美し、感謝の詩をささげずにはおれないのです。ダビデが民に祝いの品としてパン一個とナツメヤシの菓子、干しぶどうの菓子を民に配ったのは、その喜びゆえにそうせざるを得なかったのでしょう。

聖書要約
神の箱の前で儀式を始める
神の箱は無事用意されていた天幕に運び込まれます。そしていけにえが献げられ、ダビデ王が主の名によって国民を祝福し、王からお祝いの品が配られました。王はまた神の箱の前で奉仕する者を選びました。責任者はアサフでシンバルを鳴らしました。その他レビ人の幾人かがそれぞれの奉仕をしました。そして主に感謝をささげる務めがアサフらに託され、感謝の詩が歌われます。まず主への感謝(8~13節)。次にアブラハムと結ばれた契約とイスラエルの歴史を想起(14~22節)。次に神を称え、勇気と希望の喚起(23~33節)。そして主の救いへの願い(34~36節)が歌われました。
ダビデはアサフに神の箱の務めを託し、オベド・エドムらを門衛としました。ギブオンの古い天幕もそのままして、神の命令どおりいけにえを献げました。「主の慈しみはとこしえに」と感謝する者たちも指名されました。こうして祝いも終わり、民はそれぞれ帰宅しました。ダビデも家族を祝福する為に戻りました。