エズラ記1章 主がキュロス王の心を動かされた

「この主がユダのエルサレムに御自分の神殿ん建てることをわたしに命じられた。」1:2

くぅ~ママのちょっと一言
エズラ記はユダの人々がバビロン捕囚を終えてエルサレムに帰還することと、神殿建築がどのように進められたかが書かれています。エズラはエルサレム帰還と神殿建築において主の言葉を伝え、主に民の取りなしの祈りをし、ついには神殿を再び主に献堂することが出来ます。1章は捕囚の民がなぜ自国に帰還することができたのかが記されています。主がペルシヤ帝国のキュロス王を用いられてアッシリアの手からユダの人々を解放されたのです。捕囚の民として過ごした70年間でこのようなことが起るとは誰が想像したでしょうか。現代においても目に見えることに失望したり、力ある者に頼ったりしてしまいがちですが、たとえ思い通りにならない辛い状況であっても主が必ずそこから解放してくださることを信じたいと思うのです。

聖書要約
ペルシヤの王キュロスの布告
ペルシヤのキュロス王の治世1年のときに、主はキュロスの心に働きかけてエレミヤが預言した通りのことを行われました。キュロス王が国中に次のように布告したのです。「広大な領土を与えてくださった神は、私にユダの国エルサレムに神の神殿を建てよと告げられた。わが帝国にいるユダヤ人は直ちにエルサレムに帰り、神殿を建てるが良い。帰らない者は帰る者の費用を負担して、建築の為の献げ物をするが良い」と。こうしてユダ族とベニヤミン族、祭司レビ人などが、主から心を駆り立てられて帰途についたのです。
キュロス王はアッシリヤのネブカドネツァル神殿から自国の神殿に移した金銀の祭具をエルサレムに持って帰らせました。その数は5400にも及びました。