エズラ記9章 彼らと同盟を結んではならない

「あなたたちが強くなり、この地の良い実を食べ、それを永久に子孫の所有とすることを望むならば、彼らと同盟を結ぼうとしてはならない。」9:12

くぅ~ママのちょっと一言
イスラエルの民は主に選ばれた民ですので純血を守らなければならず、異教徒との結婚は禁止されていました。異教徒との結婚は異教の風習をイスラエルに持ち込むことになるからです。そもそも妻の影響もさることながら、その子にとっては母となり、その影響は絶大であることはイスラエルの歴史が物語っています。結婚は双方の生家の文化の融合という面がありますが、こまごました事は意見を出し合って、自分達の文化を築いていっていいと思いますが、生き方、人生感など譲ってはいけないもの、守らなくはならない事は妥協してはいけないものもあるのです。


異民族の娘との結婚
エズラたちがエルサレムに帰還し、盛大な礼拝が行われ、エルサレムでの生活が始まったそんなある日、長老たちが私(エズラ)を訪ねてきて、「帰還してきた者やその息子に、この地の住民の娘を嫁にしています」という報告がありました。官職や長たる者が率先してそのようなことをしているというのです。それを聞いたエズラが着物を裂き、打ちのめされたように座り込んでしまいました。そして夕方になってついに主に祈ったのです。
エズラの祈り
「私たちはあなたに罪を犯してしまいました。あなたは私たちを奴隷の地から解放してくださり、ペルシャの諸王に主が働きかけてくださったので、私たちは神殿も再建してこの地で暮らせるようになりました。それなのに、異邦人である彼らの娘を嫁にしてはならない、彼らと同盟を結ぼうとしてはならない、彼らと同盟を結ぶことによって得る繁栄を求めてはならないという主のご命令に従うことが出来なかったのです。この罪のために一人残らず滅ぼされても仕方がない私たちです。恵み深い主の前にただひれ伏すしかありません」と。