エズラ記10章 罪の告白の祈り

エズラが神の宮の前でひれ伏して、涙ながらに祈り告白しているとき、男や女や子どもの大会衆がイスラエルのうちから彼のところに集まって来た。」エズラ記10:1

助産師永原のちょっと一言
選ばれたイスラエルの民のアイデンティティーは民の純血と守ることでしたから、異民族との結婚は神への背信でした。民は罪を嘆き、いけにえを持って悔い改めて主に立ち返ることで主の怒りを免れ、主から見離されないようにと考えたのです。厳しすぎるようですが、旧約の時代は律法を守ることで主から祝福を受けることができるという契約でしたから、守らなければ裁きが下るのは当然でした。新しい約束(新約)では、律法のような行いではなく、私たちの罪(律法を守れない)の身代わりのために十字架に架かってくださったイエスキリストを信じることによって、私たちは祝福をいただくことが出来ます。自身の罪を悔い改め、信じることによって救われる道が与えられているのです。恵みにより救いにあずかったのですから、聖書のみ言葉に従って生きるのは当然のことで、これがクリスチャンのアイデンティティーです。

聖書要約
異民族の妻子との絶縁
異民族と結婚した者が多数いると聞いたエズラは神殿の前でひれ伏して涙ながらに祈っていると、次々と民が集まってきて大きな会衆となっていました。エラム族のシェカヌヤが口火を切りました。「私たちは主に対して罪を犯してしまいました。しかし未だ希望はあります。私たちが異民族の妻子と離縁することです」エズラも立ち上がり、皆に協力してくれるように呼びかけました。その後もエズラは嘆き悲しみ食べ物が喉に通らないほどで一夜を過ごしました。
それから捕囚から帰還した全ての民は3日以内にエルサレムに集まるように布告されました。集まらない者は財産を没収され、民から追放されるという厳しさです。このようにして集まってきた民にたいして、異民族の女性を妻にしたことは主に対する大きな罪であることを言い渡し、離縁することを命じたのです。民は大声で泣きましたが、それに従うことを誓ったのです。中には異議を申し立てた者もいました。しかしほとんどの民は誓いを実行し、雄羊を1頭献げたのでした。そのようにした者は111名で、祭司が17名、レビ人が6名、詠唱者が1名、門衛が3名、他に84名でした。