ヨブ記2章 健康を奪われたヨブ

「わたしたちは、神から幸福を頂いたのだから、不幸もいただこうではないか」2:10

くぅ~ママのちょっと一言
ヨブの次なる試練は体の苦痛でした。それに加えて妻の不理解の言葉でした。しかしヨブは妻に対して、「神から幸福を頂いたのだから、不幸も頂こうではないか」と主への信頼が揺らぐことがありませんでした。1章でも「主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」の信仰にたったヨブです。はたして、この身に起こった良いことはともかく、有難くない事も主から与えてくださったのだからと感謝して頂くことが出来るでしょうか。確かに人生の中には「なぜこのことが起ったのか」と思うような辛い出来事があります。私は命が終わって主のみ元に行った時に、そのことを主にお聞きしてみようと思っています。そしてきっとそれは主の素晴らしいご計画の中のことだったという答えをお聞きできると信じています。そう思うことでわが身に起ったすべての事に感謝する信仰をもち続けることが出来そうな気がするのです。

聖書要約
ヨブが大きな災難にあってしばらくしてから、また天上では御使いたちが主のみ前に集まりました。そこにサタンもやってきました。地上をほうぼう巡回してきたというサタンに主は「ヨブを見たか。ヨブほどの人格者はいない。理由もなく危害を加えたのに、彼はどこまでも主を敬っている」と言われました。それに対して「ヨブでも病気になったら主を呪うに違いない」というサタンに主はヨブを任されます。但し命は奪わないようにと。
そこでサタンはヨブの体を頭の先から足の裏までひどい皮膚病に罹らせました。ヨブは灰の上に座り、素焼きのかけらで体中をかきむしりました。そんな彼を見て、妻は神を呪って死ぬ方がましだと言うのです。しかしヨブは「神から幸福を頂いたのだから、不幸も頂こうではないか」と言葉で罪を犯すことがありませんでした。
さてヨブの親しい友がヨブの災難を聞きつけてやってきました。エリファズとビルダドとツォファルの3人はヨブの見分けもつかないほど変った姿に大変嘆き、ヨブの苦痛を見ると言葉もかけることができないほどでした。