ヨブ記3章 ヨブの嘆き

「静けさも、やすらぎも失い憩うこともできず、わたしはわななく。」3:26

くぅ~ママのちょっと一言
死を望むほどの苦悩に襲われていることをヨブは訴えました。そして主のみ心が見えないことが苦痛の最たるものであると訴えているようです。なんと辛いヨブの嘆きでしょう。しかし決して神を呪っているのではなく、その言葉の中に主に向かって手を伸ばして助けを求めているヨブの姿が見えるような気がします。
苦しいときに祈りを知っている事はなんと幸いなことかと思います。もし主からその意味を教えていただけたら苦痛を乗り越える力になります。でももし主から何も答えを頂くことができなくても、主が苦痛のそばにいてくださることを信じ続けたいと思います。

聖書要約
ヨブの嘆き

友が来て7日間、苦悩を共にした後、ついにヨブは口を開きました。「自分が生まれた日がなくなればいい。その日が呪われ、光も差さないように。また母の胎にいる時に死ねばよかった。生まれてすぐになぜ死ななかったんだろう。死んでしまえば疲れたものも憩いを得ることができるし、捕らわれ人もやすらぎ、奴隷も自由になれる。なぜ悲惨な境遇に泣く者に光といのちが与えられるのか。死にたくても死ねない。神の与えるものが無益と失意の人生だけなら、なぜ人を生まれさせるのだろう。恐れていたことが起ってしまった。災いが容赦なく襲いかかる」と。