ヨブ記7章 罪を赦し、取り除いてください。

「なぜ、わたしの罪を赦さず、悪を取り除いてくださらないのですか」7:21

くぅ~ママのちょっと一言
前半はヨブの苦痛の吐露ですが、半ばから主への祈りに変っていきます。そして神に「人間とは何なのか」という問いを発しています。そこでもヨブは自分がどれほどの罪を犯したというのだろうかという位置に身をおいています。
現代の私たちにとっても、何が罪なのかを考える時、法的に罰せられることや日常の生活の中のうそをつくとか人の悪口を言うということが罪であるというのは理解されやすいと思います。しかし聖書の光が当あてられるとさらに罪が浮き彫りにされます。人をうらやむことや、人に対して傲慢な気持ちを持つこと、また欲情の気持ちで異性を見るだけでも罪なのです。さらには困っている人に助けの手を差し伸べない、気の毒な立場の人を見過ごす、人を愛せないことも罪なのです。その極みは自分に対して敵対する人をも愛することを神は私たちに求められているのです。それが出来ない私たちは当然罪人なのです。それを自覚することが救いの恵みをいただける第1歩なのです。

聖書要約
続いてヨブの独白の文章です。
「人の一生は奴隷の日々のように長く過酷だ。私にも同じように苦しい日々と長く辛い夜がある。肉体は蛆虫とかさぶたに覆われて、皮膚はさけて膿が出ており、望みのないままに一日が過ぎる。私の命もそう長くはないでしょう。だから友よ、悩み苦しんでいる私に話すことを許してほしい。頼むからわかってほしい。
私が化け物でもあるかのように神は私を見張られる。床に入っても悪夢で私を脅かされる。もう私を一人にしておいてください。
人間とは何なのでしょう。わざわざ時間をかけて苦しめるだけの価値が私にあるのでしょうか。せめて唾を飲み込む間だけでも自由にしてください。人間の見張りをしておられる神さま。私の犯した罪がそれほどあなたにとって悪いことだったのでしょうか。なぜ私を標的にされるのですか。なぜ罪を赦し、取り除いてくださらないのでしょうか。私は間もなく息絶えます。神さまが探しても私はいなくなるのです。」