ヨブ記11章 神のみ心を知ることはできない

「全能者の極みまでも見ることができるか」11:7

くぅ~ママのちょっと一言
3人の友人の中で一番年齢が若いツォファルの言葉です。他の2人と同様、ヨブに罪を認めさせ、神の偉大さを説いて、幸せな人生を取り戻すことが出来るようにとヨブを励ましています。エリファズは経験を基に、ビルダドは伝統を基に、ツォファルは知恵を基にヨブに非を認めさそうとしています。3人は確かに正しいことを言っていますが、ヨブの痛みを自分のものとする愛が欠けているのです。伝道者パウロはコリント人々にこうしたためました。「たとえ、人々の異言、天使達の異言を語ろうとも、愛がなければ、私たちは騒がしいどら、やかましいシンバル。…たとえ、山を動かすほどの完全は信仰を持っていようとも、愛がなければ無に等しい。」Ⅰコリント13:1 苦しんでいる人に対しては何の言葉も必要ないのです。ただ「あなたの苦しみを理解させてほしい」と言う愛の気持ちでそばにいるだけでいいのだと思います。かつて私は人生の最大の苦しみの中にいる時に、クリスチャンの友に「あなたの存在が罪だ」と言われたことがあります。確かに人間は罪人であり、その言葉はまちがっていません。しかし当時の私はその言葉に大変傷ついたことを思い出します。

聖書要約
友人ツォファルが口を開きました。
「これだけまくしたてられたら、一言言いたくもなる。言葉が多ければ潔白なんてものではない。神があなたの本当の姿を知らせて下さったらいいのに。神はあなたの罰を減らしておられるはずだ。あなたは神のみ心を知ることが出来ると思うか。神は天が地より高いように、想像もできないほど清い方だ。それに比べて人間の知恵は浅はかだ。神は私たちの小さな罪をもご存知なのだ。だから祈るときは自分の罪を取り除き、一切の悪から遠ざからないといけない。そうすれば胸を張って神に近づける。そうすることで過去の悲惨な境遇を忘れることができ、人生が真昼のように明るくなる。希望と安心があたえられ、多くの人が好意を求める。しかし神に逆らう者は逃げ場を失い、死が待つだけだ。