ヨブ記13章 主よ、呼んでください。

「そして、呼んでください、お答えします。」13:22

くぅ~ママのちょっと一言
ヨブは友人達が説いてくれる因果応報論も、先祖からの伝統的神学も、神の偉大な知恵と力もすべて分かっているのです。それでも解決できない問題に直面しているというのです。そして神に直訴したいと言っています。そして見捨てないで下さい、また悪い所を教えてくださいとヨブは神に願い出ているのです。ヨブは心の底から神を信頼しているのに不安なのです。
しかし私たちは神と私たちの中輔者であるイエスキリストを信じることによって神の領域に入れていただくことが出来ます。だからどんな時でも、どんなことでも神のご支配の中の出来事と確信できるのです。神のみ手の中の出来事であれば、どんなことでもくじけず前に進めるのではないでしょうか。

聖書要約
ヨブの言葉が続きます。
「あなたがたが言っているようなことは私も知っていることだ。私はこの問題について直接全能者に話してみたいのだ。あなたたちはやぶ医者のように私の問題を理解していない。黙っていてくれ。それがあなたがたの知恵を示すことになるんだ。神の弁護者のようなつもりで論争するのはやめてくれ。神はあなた達に助けを求めていない。
黙っていてくれ。私に話させてくれ。命を賭けてもいい。神に殺されてもいい。いや神は私を救ってくださるべきだ。なぜなら、神を無視するものは神の御前にでるはずはないのだから。とにかく私の言い分に耳を傾けてくれ。私は正しい。
ただ神さまお願いが二つあります。一つ目は私を見捨てないで下さい。怖い顔をせず、私を呼んでください。すぐにお答えします。そして私が祈ったことにお応え下さい。二つ目は私がどんな悪いことをしたかを教えてください。私を敵とみなし、追いかけ、罪を暴き、足かせをして見張り続けられたら、しみに食われた衣のように朽ち果てるしかないではないですか。