詩編10章 弱い者のそばに立っていてくださる主

「主よ、なぜ遠く離れて立ち、苦難の時に隠れておられるのか。」10:1

くぅ~ママのちょっと一言
9編の続きのアルファベトによる詩です。日本のいろは歌のようなものだということです。9章の感謝の歌とは打って変わって、貧しいもの、弱いもののが苦しむこの世を嘆き、神の助けを待ち望んで書かれています。
私が本当に苦しんでいる時に、主は私から離れ、隠れておられるように思えることがあります。しかしそんなときこそ私の傍らで私が流す涙を同じように、涙を流していてくださる主、イエスを感じたいと思うのです。神は私から離れてしまわれたと言う事がない信仰を持ちたいと思います。

聖書要約
(アルファベットによる詩)
主よ、なぜ遠く離れてお立ちになるのですか。私が一番あなたを必要としている時にお隠れになるのですか。貧しいものが神に逆らうものの悪巧みに陥ろうとしているのに。
神に逆らう者、また神を称えながら侮っている者は自らの欲望を自慢し、「私は神を必要としない。それでも災いに遭うこともなく、満足して暮らせる」と言うのです。彼らは薄暗い道で待ち伏せ、道行く人を殺すのです。また貧しい人に襲い掛かるのです。不運な人は一撃に倒されます。彼らは「神は全くご存じない。見ておられないのだから」と言います。
主よ、立ち上がって弱い者を忘れないで下さい。彼らを罰してください。貧しい者はあなただけが頼りなのですから。
主は永遠に主です。他の神々に従う者を一掃してください。貧しい人の望みは必ず主が我々の叫びをお聞きくださり、救いのみ手を差し伸べてくださることです。主は弱い者の傍らにいて下さり、二度と脅かされることがないようにしてくださいます。