詩編12章 立ち上がって主の救いを望む

「今、わたしは立ち上がり、彼らがあえぎ望む救いを与えよう」12:6

くぅ~ママのちょっと一言
神を畏れ、神のみ前に正しく生きようとする者がだまされたり、裏切られたりするような世の中であっても、主は正しい者に味方してくださる。またこのような世の中だからこそ、本当に信頼できる神の言葉に従っていくのだと歌っています。
自分の行動をどう決定するかは、何に基準を置くかで違ってきます。目先にある利益や人間関係のしがらみなど人間の舌から出る言葉に惑わされず、神の真実な言葉を基準に生きていきたいと思います。そのような者を主は守ってくださるからです。

聖書要約
主よ、お助け下さい。神を敬う者がどんどん少なくなっていきます。誰もがだまし合い、お世辞を並べ立て、うそをつきます。彼らは言います。「どうせ自分の舌なのだから」と。しかし主は言われます。「私は立ち上がって虐げられたもの、困っている者を守ろう」と。主の約束は確実です。主の言葉は真実です。たとえ、主に逆らう者が勝手な振る舞いをし、国中に不道徳がはびころうとも、主は主に従う者を永遠に守ってくださいます。