詩編27章 主の家に宿る

「命の限り、主の家に宿り、主を仰ぎ望んで喜びを得、その宮で朝を迎えることを」27:4

くぅ~ママのちょっと一言

1~6節は力強い信仰の詩、そして7節以降は悩みの中から主への叫びが歌われています。どちらにしても苦難の時に主がどのように自分を取り計らってくださり守ってくださったかが歌われています。8節の「わたしの顔を尋ね求めよ」を「ここに来てわたしと話そう」という訳をつかったのですが、主の慈愛に満ちた目、主の優しいみ手を感じる箇所です。心静に主を見上げれば、主の励ましの声が聞こえてくるような気がするのです。

聖書要約
主は私の光、救い、命の砦です。私は誰を恐れることがあるでしょう。私に向かってくる者こそよろめき倒れるでしょう。彼らが私に陣を敷いても恐れません。
私が主にお願いするのはただ一つです。それは 命のある限り主のみ前で暮らすことです。主のある喜びを頂くことです。
主は私の苦難に際して、必ず匿ってくださり、敵が手出しできないようにしてくださいます。その時私は主を讃美します。主は私の声に耳を傾け、「ここに来てわたしと話そう」と言ってくださいます。私は「主よ、参ります」とお答えいたします。主よ、どうか私から離れないでください。父母が私を見捨てようとも、主は必ず私を迎え入れ、慰めてくださいます。主よ、私がどうすべきかを教えてください。彼らは私を告発しようとしているのです。偽りを言い広めようとしているのです。私はそのような人間ではありません。主の道を歩もうとしてきた私を憐れんでお救い下さい。主は必ず守ってくださいます。私はそのことを人々の前で褒め称えるのです。

前の記事

詩編26章 主の栄光の宿る所

次の記事

詩編28章 御手の業を悟る