詩編28章 御手の業を悟る

「主の御業、御手の業を彼らは悟ろうとしません」28:5

くぅ~ママのちょっと一言
敵対する者に命が脅かされている人の嘆きの詩。その敵とは仲間なのです。裏切り、欺き、うそ、神なき世界には正義や秩序がないのです。それは詩篇の詩人の時代も今の時代も同じなのではないでしょうか。人間の心にすむ悪なるものを排除して主をお迎えしたいと思います。主が導いてくださる青草の原で、主を仰ぐ仲間と一緒に喜びをもって生きていきたいのです。

聖書要約
ああ主よ、どうかお助け下さい。あなたは私を守って下さる岩です。あなたが沈黙されたら私は死ぬしかありません。どうか私の叫びをお聞き下さり救ってください。口先ではいいことを言っても悪意を抱いている者たちと私を一緒にしないで下さい。彼らを悪事に応じて報いてください。彼らは神様のことなど全く関心もないのです。彼らを完全に滅ぼしてください。
私の訴えをお聞きくださった主を褒め称えます。私は主に拠り頼みます。主が助けてくださるので、私の心は喜びが湧き上がるようです。主よ。あなたの民をお救い下さい。いついつまでも私たちを導き養ってください。

前の記事

詩編27章 主の家に宿る