詩編41章 弱い者を思いやる

「いかに幸いなことでしょう。弱いものに思いやりのある人は。」41:1

くぅ~ママのちょっと一言
詩篇の第1巻を締めくくる詩。祝福、嘆き、願いの3部構成になっています。
祝福を受ける者とは弱い者に親切な者と冒頭に書かれています。しかし弱さを覚えている人に関わることはなんとか、難しいことかと思うことがあります。心を尽くして関わっても思いが届かず、力不足に首をうな垂れるしかないときもあります。そのようなときは主にお任せするしかないと思うのです。しかし私たちには祈りがあります。毎朝毎晩その方のことを祈り続けることができるのです。私が弱い時もそのようにしてもらうことが一番うれしいことかも知らないと思うのです。

聖書要約
弱い者に親切な者は主から祝福を受けます。その人が困っている時助け、守り、命を得させ、幸いを与えてください。敵に負けることなく、病から回復させ、力をなくしている時に立ち直らせてください。
私は言います。「主よ、私をあなたに罪を告白した私を哀れんで癒してください。」と。ところが敵は私を苦しめようと「早く死んでしまえ」と言います。親しげに見舞いに来た者も心の中では苦痛に苦しむ私をほくそ笑むのです。一歩外に出ると大笑いし、私を憎むものとひそひそと「呪われて床についた。二度と起き上がれないだろう」と耳打ちするのです。食事を共にしていた仲間さえも私を裏切りました。どうか私の健康を回復させてください。敵対するものを見返すことができるように。そうすれば私は主の目に適う者であることを知るでしょう。主が無垢な人間として私を守ってくださることを。