詩編42編 「お前の神はどこにいる」

「わたしを苦しめる者はわたしの骨を砕き、絶え間なく嘲て言う。「お前の神はどこにいる」と。42:11

くぅ~ママのちょっと一言
42編から第2詩篇に入ります。ここでは神を表すのに「エロヒーム」が使われているのでエロヒーム詩篇と呼ばれているそうです。そしてその最初の42編から49編はコラ詩篇と呼ばれ、神殿の詠唱を司ったコラの詩となっています。
この歌はイスラエルの民がバビロン捕囚を強いられた時に歌われたものとされています。
主を慕い求める詩人は過去において主がして下さった恵や、今も変わらず愛を注いでくださる主を思い起こして、主の変わらぬ守りを確信します。そしてどれほど辛い状況にあっても「主こそわが救い」と告白するに至っているのです。
信仰者にとって最も辛い事は「お前の神はどこにいる」と言われることではないでしょうか。「神を信じているだけで、3度の食事に困らないのであればいいけどね」そんな言葉を言われると心が苦しくなります。私に与えられたことには精一杯取り組みます。しかしそれをさせてくださるは主の憐れみですし、私の人生の最終責任は主がとってくださると考えて感謝して生きていくことほど力強い生き方はないのではないかと思います。これは信仰の力です。その信仰をだれも笑う事はできないと思います。

聖書要約
ああ主よ。鹿が水をあえぎ求めるように、私も主を慕い求めます。どこに行けばあなたに出会うことができるのでしょうか。私は昼も夜も涙を流しながらあなたの助けを祈っています。傍らでは人々が「おまえの神はどこにいる」とあざけるのです。
私は自分の魂に元気を出すように言います。そして多くの人々の先頭に立って喜び満たされて神殿に入り礼拝したことを思い出すのです。
どうしてそんなに沈み込む必要があるでしょうか。主を待ち望みます。私をお救い下さるのは主なる神ですから。私が意気消沈してうな垂れるような思いになっても、私は主を思い起こします。その思いはヨルダンからヘルモン山、ミザルの山のそびえるこの美しい地に注がれている主の恵へと移ります。私はあふれるばかりの主の恵を感じ、昼は主の愛に守られ、夜には讃美が与えられていることを思い、私の命はあなたに祈りを捧げずにはおれないのです。
私は叫びます「ああ、主よ、なぜあなたはお見捨てになったのですか、この私を。なぜ敵の手に追われて苦しまなければならないのですか」と。人のあざけりは私に致命傷を与えるようです。そして人は言います。「お前の神はどこにいる」と。私の魂よ。気落ちするな。主に信頼せよ。そして「主こそ私の救い」と告白しよう。