詩編50編 神の喜ばれるいけにえは主への告白

「告白をいけにえとしてささげる人はわたしを栄光に輝かすであろう」50:23

くぅ~ママのちょっと一言
アサフの詩となっていますが、アサフとは聖歌隊のグループの名前だそうです。幾つかアサフの詩が続きますが、どれも予言的、教訓的です。
50編は主が喜ばれるものについて書かれています。それは感謝の告白、主の前の正しく生きること、そして苦難の時に主に助けを求めることです。このことによって主のご栄光が表され、私たちは神の救いに預かれるのです。

聖書要約
全能の神は全世界から人々を召集されました。シオンの山の麗しい宮から神の声が響き渡ります。神は火をまとい、雷鳴と共に姿を顕され、そしておっしゃいました。「私に忠誠を誓った人を私の前に集めよ」と。「民よ、私があなたの神です。私は捧げ物についてあなたたちを責めたりしません。私が求めているものは雄牛や雄山羊ではありません。それらのものは全て私のものではないですから。
私が求めている事は、真心からの感謝の告白と誓いを果たすこと、そして苦難の日に私の名を呼ぶことです。そのことによってあなたは私の栄光を輝かすのです。
しかし悪者に対して神はこう宣言されます。「私との契約は口にはするがやっていることは正反対のこと。今までじっと黙って見てきたが罰が下るときがきました。しかし心を入れ替えるならあなたは救われます。私は心からの感謝、讃美が嬉しいのです。それは私の栄誉であり、あなた方の救いなのです。」

前の記事

詩編49編 魂の代価