詩編51編 雪よりも白くなるように

「わたしを洗ってください。雪より白くなるように」51:9

くぅ~ママのちょっと一言
7つの悔い改めの中でも最もよく知られた詩。ダビデの心からの罪の告白と悔い改めが綴られています。そして主が望んでおられるのは、罪を深く後悔する打ち砕かれた心なのです。言葉や態度、心の中で多くの罪を犯しながら生きていく私たち。そのことを十字架の前で告白し、心から悔い改めの祈りをお捧げして毎日を送りたいです。主はイエスキリストのゆえに必ずその罪を赦してくださいます。

聖書要約
ダビデがウリヤの妻バト・シェバと姦通したことに対して預言者ナタンを通して、神の裁きが告げられたときにダビデが歌った歌。
愛と恵みにあふれる神様、私を憐れんで、罪を拭い去り、罪を清めてください。
私は主に背いたことを知っています。わたしはそのことで夜も昼も責めさいなまれています。全てをご存知の神が下す判決に誤りはありません。
母が私を胎に宿した時から私は罪人です。ヒソプの枝で私の罪を払ってください。わたしが清くなるように私を洗ってください。雪よりも白くなるように私の罪を視界から消し去ってください。主よ、どうか私の心を清い思いと正しい願いで満たして下さい。私を御前から追放しないで下さい。御救いの喜びを再び私に味あわせてください。そうすれば、私は私のように罪深い他の人々にも神の道を教えるでしょう。罪人が悔い改めてあなたの元に立ち返ることができるように。
ああ、主よ、あなただけが私の救いです。助け出してくだされば私はあなたを声高らかに讃美するでしょう。
いけにえはあなたが喜ばれないことを知っています。あなたが望まれるのは罪を深く後悔して砕かれた心です。
どうか私の罪のためにイスラエルを裁く事はしないで下さい。エルサレムをお守り下さい。私が悔い改めてはじめて、主は私が捧げるいけにえを喜んで受け入れてくださるでしょう。