詩編56編 涙の皮袋

「あなたの皮袋にわたしの涙を蓄えてください。」56:9

くぅ~ママのちょっと一言
サムエル記上21章に書かれている記事を題材にした詩となっています。サウル王に追われるダビデは狂人の振りをして危機を脱します。このことを後世になって、イスラエル人がバビロン捕囚の苦痛の日々の中で、このダビデの信仰を偲んで詠んだとされています。
そして現代の私たちにも深く慰めが与えられる詩です。主は私の流した涙の一つ一つをご存知で、その涙を主の皮袋に蓄えてくださっているのです。私も人生の中で涙を流してきた多くの場面を思い出すにつけ、主が涙の皮袋にそれらをすべて蓄えてくださっていると思うことでどれほど慰めを受けてきたことでしょう。

聖書要約
ダビデがペリシテ人に捕らえられた時の詩。
神よ、私を憐れんでください。敵の軍勢が絶えず私に戦いを挑んできます。私はあなたにより頼みます。神により頼めば恐れはありません。ただの人間が私に手出しできるわけがありません。
彼らはいつも私の言葉をねじ曲げて、どうしたら私を傷つけることが出来るかを考えているのです。神よ、怒りを発して彼らを屈服させてください。
あなたは私の嘆きを数えてくださいます。あなたは私の涙をあなたの皮袋に蓄えてくださいました。私が助けを呼び求めると、戦いの流れが変わります。このことで神が私に味方してくださっていることを私は知ることが出来ます。神により頼めば恐れることはありません。
神よ、私はあなたに感謝の捧げ物をささげます。あなたは私を死から救い出してくださいました。私は神のみ前で貴方から光を受けて輝いて生きていくことが出来るのです。