詩編62編 慈しみは主のもの

「力は神のものであり、慈しみは、わたしの主よ、あなたのものである」62:12

くぅ~ママのちょっと一言
信頼の詩とされています。6節には「私の魂よ、沈黙して、ただ神に向かえ。神にのみ私は希望をおいている」とあります。神様を知らない時は、例えば誤解されたときなど弁明して私の名誉を守ろうとしましたが、神様を知った今は人の誤解や中傷は心は重たくなりますが、許せないほどの気持ちにはなりません。そのことを通して主が最善に導いてくださると思うからです。だから沈黙できるのです。ただ私が言うことは、「私は主に対して、人に対して、真実を尽くしている」ということです。

聖書要約
私は黙って神から救いの手が差し伸べられるのを待ちます。救うことが出来るのは神だけだからです。神こそ私の岩、私の救い、私の砦の塔。だから私は困難にぶつかっても恐れることはないのです。
しかし彼らは私に襲いかかろうとします。私を高い地位から落とそうとします。面と向かってはにこやかに振舞っても、心の中ではのろっているのです。私の魂は黙って神から救いの手が差し伸べられるのを待ちます。私は神の救いを信頼し、神を避けどころとします。身分の高いものも低い者も、神の目から見れば、秤皿の空気より軽いのです。暴力、搾取に心を奪われてはいけません。愛と恵みに満ちた神様は一人ひとりの業に応じて報いてくださるのです。